取扱鋼種

SPCC
鉄 レーザー加工対応鋼種 /

SPCCとはSteel Plate Cold Commercialの略で、日本語だと冷間圧延鋼板の一種です。
一般的に板金用として使用され、SPHCを冷間圧延した材料です。当社でも使用実績が多い鋼種です。
強度がない分、逆に薄板に対して曲げ加工が必要な場合に重宝します。
冷間圧延により黒革(酸化被膜)が除去されているため非常に錆びやすいというデメリットもあります。
当社ではレーザー加工、曲げ加工後に必要であれば塗装、各種メッキにて表面処理を施し納品いたします。

SPCCの成分表

C(炭素) Mn(マンガン) P(リン) S(硫黄) Fe(鉄)
0.15以下 0.60以下 0.100以下 0.035以下 残部

SPCCの物理的性質

溶融点(℃) 比重 電気抵抗(μΩ・m) 比熱(KJ/kg・K) 体積比熱(W/cm3・K) 線膨張係数(/K×10-6) ヤング率(N/mm2) ポアソン比
1530 7.85 0.097 460 3.6 12 206000 0.3

SPCCの機械的性質

引張強さ
(N/mm2)
降伏点・耐力
(N/mm2)
伸び(%) / 板厚(mm)
270以上 0.4以上0.6未満 0.6以上1.0未満 1.0以上1.6未満 1.6以上2.5未満 2.5以上
34以上 36以上 37以上 38以上 39以上

お問い合わせ

ご相談・お見積りは、お電話またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。